kids

  • TOP  >  
  • 小児歯科・マタニティ歯科

kids

貝塚市「いまい歯科クリニック」では、子どもが喜んで通えるような“歯医者らしくない”歯医者を目指し、「小児歯科」にも力を入れています。

小さな子どもにとって、歯科医院はとっても怖いもの。保護者のみなさんのなかにも「子ども時代は歯科医院が苦手だった」という方が多いのではないでしょうか? 子どものころのイメージが強すぎて、大人になってからも苦手意識が抜けないケースも少なくないでしょう。

当院では急性症状の場合を除き、いきなり歯を削ったり、お子さんを抑えつけて治療することはありません。

考えてみてください…
大人な我々だって、いきなり抑えつけられて、口を無理矢理開けさせられたら、恐怖でしかないでしょう?

お子さんだって同じです。
お子さんにとっては、見たこともない機械がたくさんあって、白衣を着た知らない人達がたくさん居る所に座らされるんです…
これが恐怖以外の何なんでしょう?
しかも、口を開けて、キーンと音がするドリルを口に入れられたら…
ホラー映画も真っ青です。

お子さんは、まず、歯科医院に来れたことを褒めてあげてください。
そして、治療するチェアーに座れたら、また、褒めてあげてください。

当院は、お子さんに、コップに始まり治療に使う道具を全て丁寧に説明します。時には、お子さんに器具に触ってもらいます。

歯医者さんに…器具に…雰囲気に慣れてもらいます。
怖い…と言う感情を解いていきます。

お子さんは怖くないと理解したら、自分からチェアーに座り、口を開けてくれます。

無理矢理、口を開けさせて治療したら、その治療は終わるかも知れませんが、お子さんにはトラウマが残り、二度と口を開けてくれなくなります。
そして、虫歯ができて痛くても、トラウマのせいで、お母さん達に歯が痛い事を言わずに、どんどん虫歯が進行する負のスパイラルに入り込みます。

当院は、そんな悲しい事態に陥らないように最大限の努力をします。

最初は怖くて号泣して、こちらの言う事を全く聞いてくれないお子さんも、たくさん居ます。
個人差はありますが、こちらが、ちゃんと説明したら、お子さん達は、それに応えてくれます。

時間がかかっても良いんです。
一つ、何かクリアしたら褒めてあげる
その繰り返しが、お子さん達にとって自信になり、歯医者さんが怖くなくなっていくのです。

お子さんともコミュニケーションを
取りながら治療いたします

お子さんともコミュニケーションを取りながら治療いたします

~歯医者らしくない歯医者を目指して~
「歯医者さん=怖いもの」そんなイメージを払拭すべく、いまい歯科クリニックでは小さなお子さんが無理なく・楽しく通えるような歯医者を目指しています。

一番大事なのは、歯医者を好きになってもらうこと。歯医者への苦手意識は成長してからも続くので、子ども時代に楽しく通うことができれば、大人になってから虫歯や歯周病を放置してしまうリスクが低くなります。

当院ではお子さんとのコミュニケーションも大切にしているので、治療方針や計画をわかりやすく噛み砕いて説明し、きちんと納得してもらった上で治療を進めています。また、治療後のご褒美を用意するなど、お子さんが楽しく通えるような工夫も欠かしません。

子どもの予防歯科はなぜ大事?

虫歯になると、痛みでつらい思いをするだけでなく、子どもの成長にも影響を及ぼす危険性があります。以下のようなリスクを回避するためにも、おうちでのブラッシングも含めてしっかりと予防歯科に取り組みましょう。

歯並びや顔の骨格が悪くなる 栄養状態が悪くなる

歯並びや顔の骨格が悪くなる

虫歯が進行して抜歯をすることになると、空いたスペースに周囲の歯が移動してしまい、歯並びが乱れる原因になります。

また、虫歯で食べ物がうまく咬めなくなるとアゴの成長にも影響が出て、顔の骨格が変形してしまうおそれもあります。

栄養状態が悪くなる

歯が痛くて食事が満足にとれなくなると、食生活が偏りやすくなってしまいます。すると栄養バランスも悪くなり、子どもの成長や健康状態にまで悪影響が及ぶリスクもあります。

学力に影響が出る スポーツで能力をうまく発揮できない

「よく咬んで食べる」という行為は脳を刺激します。虫歯のせいで食事をしっかり咬めなくなると、学校の勉強をする上でもハンデとなりかねません。

また、歯並びが悪くなると集中力が落ちたり、イライラしやすくなる原因にもなります。

スポーツや運動をするためには、バランス感覚や瞬発力が非常に重要です。こういった能力は歯をしっかりと食いしばることで発揮されるため、虫歯で歯が痛いと本来の能力を出しきれなくなってしまう場合があります。

虫歯予防は家族で
取り組むことが大切

虫歯予防は家族で取り組むことが大切

「子どもは親の背を見て育つ」という言葉の通り、お子さんは保護者の皆さんの様子をよく観察しています。家族が口腔ケアをおざなりにしていると、お子さんにもブラッシングの重要性が伝わりません。「毎日しっかり磨く」を当たり前にするためにも、虫歯予防は家族みんなで取り組むことが大切です。

いまい歯科クリニックでは、大人に向けたブラッシング指導も行っております。「磨き方に自信がない」という大人の方も、ぜひお気軽にお越しください。

いまい歯科クリニックの小児歯科

いまい歯科クリニックでは、子どもの歯の健康を守るためにさまざまな取り組みを行っております。子ども時代から定期的に歯の状態をチェックしていると、それが当たり前の習慣となり、大人になっても自主的に歯医者へ通うようになります。

定期的な検診や予防治療で、子どものお口の健康と素敵な笑顔を守りましょう。

ブラッシング指導 シーラント フッ素塗布 レントゲン撮影

ブラッシング指導

お子さん一人ひとりの成長や、歯の状態に合わせた正しいブラッシング方法を指導します。

仕上げ磨きのコツもお伝えしますので、保護者の方もぜひご参加ください。

シーラント

シーラントとは、歯の奥にある溝をレジンで埋める治療方法です。この溝には食べカスが溜まりやすく、シーラントを施すと虫歯予防の効果を期待できます。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化し、虫歯菌への抵抗力を高める効果があります。「フッ素塗布」は歯の表面をフッ素でコーティングし、虫歯から守るための治療方法です。

永続的に効果があるわけではないので、定期的に受けるようにしましょう。

レントゲン撮影

レントゲン撮影によって、一見しただけではわからない虫歯や埋伏歯などを発見することが可能です。

当院では検診時、必要に応じてレントゲン撮影を行っております。レントゲン撮影に含まれるX線量はごくわずかなので、小さなお子さんも安心です。

治療や検診についてのご相談はこちらの電話番号からお問い合わせください。

ご予約は歯科専門のポータルサイト「歯科タウン」でも承っております。

WEBからのご予約はこちらから

kids

マタニティ歯科も「いまい歯科クリニック」におまかせください!

妊婦さんの歯科治療は、生まれてくる赤ちゃんを守るためにもとても大切なことです。いまい歯科クリニックでは、お母さんと赤ちゃんの健康を守る「マタニティ歯科」にも力を入れています。

つわりでうまくブラッシングができない方向けのブラッシング方法も解説しておりますので、「妊娠を機にお口のトラブルが増えた」「つわりが酷くて虫歯予防を気にする余裕がない」という妊婦さんは、ぜひ当院にご相談ください。

妊娠時の虫歯治療(マタニティ歯科)について

妊娠時の虫歯治療(マタニティ歯科)について

女性は妊娠すると、体内のホルモンバランスが大きく変化します。吐き気や倦怠感など、なんらかの症状が現れる方がほとんどかと思いますが、実は口腔内環境もガラリと様変わりしてしまうのです。

妊娠して女性ホルモンが増えると唾液の分泌量が減り、さらにつわりでブラッシングが難しくなることで虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、嘔吐を繰り返すことで口腔内が酸性へ傾きやすくなるのも虫歯の原因のひとつです。

「これまで虫歯になったことがない」という女性でも、妊娠を機に歯医者へ通院するケースはけっして少なくありません。

お子さんが生まれる前の口腔ケアの重要性

お子さんが生まれる前の口腔ケアの重要性

マタニティ歯科は、お母さんのお口の健康だけでなく、生まれてくるお子さんを守るためにも非常に重要なことです。実は妊娠中の歯周病は、早産や低体重児出産のリスクが高まると言われています。

また、赤ちゃんの乳歯は妊娠7週目頃から作られはじめるので、お母さんの口腔ケアは、お腹の赤ちゃんの健やかな成長のためにもとっても大切なのです。

心身ともに、ただでさえ不安定になりやすい妊娠中。歯や歯茎の痛みに苦しめられるのは、お母さんの心の健康にも悪影響を及ぼします。良好なコンディションで出産の日を迎えるためにも、マタニティ歯科を積極的に受診しましょう。

つわりでブラッシングができない方へ

つわりが酷くなると、歯ブラシをくわえることさえ困難になってしまう方もいらっしゃいます。つわりで思うようにブラッシングができない場合は、以下のような方法がおすすめです。

歯磨き粉なしでのブラッシング 歯ブラシを小さいものにする ブラッシング以外の方法

歯磨き粉のにおいに反応してしまう場合は、無理に使用する必要はありません。歯磨き粉なしでも、歯に付着した汚れや食べカスを落とすことは十分可能です。

水で濡らした歯ブラシを使い、できる範囲で歯を磨いてみましょう。

歯ブラシをくわえると吐き気を催してしまう場合は、ヘッド部分が小さいタイプに切り替えてみましょう。

また、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用するのもおすすめです。

どうしてもブラッシングが行えない場合は、ブラッシング以外の方法を試してみましょう。

たとえば、殺菌作用のある緑茶でうがいをする、食後に繊維質の多いリンゴを食べるなどの方法があります。

治療や検診についてのご相談はこちらの電話番号からお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ご予約は歯科専門のポータルサイト「歯科タウン」でも承っております。

WEBからのご予約はこちらから